dynabook R93の裏蓋を開ける

dynabook R93ネタ第3弾は,裏蓋を開けてメインメモリやSSDを観察することにします。

※画像は一部加工しています。

※PCの分解は自己責任でお願いします。また,ここで紹介するのはあくまでも「僕が2015年2月に購入したR93」であり,全てのR93が必ずこの記事通りの構造とは限りません。

IMG_20150306_121957

本体を裏返して,バッテリーを取り外したところです。最近の薄型モバイルノートはバッテリーやメインメモリ,HDDまたはSSDの交換が自分で出来ない機種が多く,バッテリーが寿命を迎えたときはメーカーに交換してもらう他ないのですが,R93はいずれも自分の手で交換可能です。パーツ交換が自力で出来るという人にとっては非常にメンテナンスがしやすい機種と言えます。

裏蓋には4本の+ネジがあるので,それを緩めて裏蓋を本体から外します。 続きを読む ›

広告
タグ: ,
カテゴリー: 未分類

dynabook R93のキーボードにはNumLockが無い

前回はR93について簡単な開封レビューをしました。今回はR93のキーボードについて書いていきます。

1. 打ち心地

「打ち心地」と言う以上殆ど主観になりますが,軽く押すだけで割とサクサク打てます。写真(下に掲載)を見て頂ければ分かる通り,Enterキー付近の“「” “」”キーが若干狭いですが,僕はそれが原因で打ち心地に悪影響が出ることはありませんでした。

2. やたら多い「FNキー+○○」

こちらが今回のメインです。R93を購入する前,僕は富士通の「NF70T」(2006年発売)にWindows 8.1 Proをインストールして使っていました。富士通製から東芝製に乗り換えて,キーボードについて最初に「ん??」と思ったのは,「NumLockが無い!?」でした。

続きを読む ›

タグ: ,
カテゴリー: 未分類

dynabook R93を買いました

これから数年間,レポートやら何やらに使うパソコンとして,東芝の「dynaboook R93」を購入しました。型番は「PRB93PB-BHA-K」で,価格.com限定モデルです。主なスペックは,以下の通りです。

  • CPU:インテル Core i7-4710MQ
  • メモリ:8GB
  • SSD:256GB
  • 光学ドライブ:ブルーレイディスクドライブ(BDXL対応)
  • 画面:13.3型フルHD(ノングレア,タッチ非対応)
  • 駆動時間:約11.0時間(JEITA2.0)
  • 質量:約1.43kg
  • バンドルOffice:Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス

その他詳細は東芝ダイレクトのサイトへ→dynabook R93、83、73(Core i7) 2015春モデル Webオリジナル ハードウェア仕様 |東芝ダイレクト

続きを読む ›

タグ: ,
カテゴリー: 未分類

ゆるーく再出発

久しぶりにブログを更新しました。

というのも,無事大学に受かったので,時間がそれなりに出来たからです。もっとも,今までも誰得な事ばかり書いていましたが,折角区切りがついたので,このブログの内容を全体的に整理して,改めて再出発させたいと思います。それに伴い,今での記事については大半を削除することにしました。(余りにもテーマに統一性が無さすぎる気がしたので…)

タイトルは「重箱の隅の雑記帳」としました。(←人に読んでもらうのに「雑記帳」という謎仕y(ry

このブログの内容全てが参考になる人は恐らくいないでしょうが,1つの記事だけでも参考にしてくださる人がいてくれると嬉しいです。

カテゴリー: 未分類

Surface RTの不具合をBluetoothを切って回避

Surface RTを使っている人なら、こんな不具合に遭遇したことはないでしょうか?

使おうと思ったら、画面が付かない。操作を受け付けない。しかし、本体のWindowsボタンをタッチすると、きちんとバイブが作動する。仕方ないので電源ボタンを長押しして、再起動する。

自身もこの不具合に、2~3日に一度の割合で遭遇していました。使いたい時に不具合発生で再起動しなければならないなんて、タブレットとして致命的です。

最近、この不具合を回避する方法を見つけたので、紹介します。

Bluetoothをオフにすることです。 続きを読む ›

タグ: ,
カテゴリー: 未分類

データ転送で意外な弱点を抱えるWindowsタブレット

いよいよ今年も終わりに近付いてきました。

Surfaceを始めとするWindowsタブレットが出回っており、既に購入している人も、購入を検討している人もおられると思います。ところで、Windowsタブレットにはデータ転送において、iPadやAndroidタブレットと比較して意外な弱点があります。

“子機”という発想がないWinタブ

PCからiPadやAndroidタブレットにデータを送る(もしくはその逆)時、よく使われるのはやはりUSBケーブルを繋ぐ方法でしょう。PCを“親機”、タブレットを“子機”という感じです。PCではエクスプローラーや専用ソフトを使います。 続きを読む ›

タグ: ,
カテゴリー: 未分類

Peopleハブの分析と活用 ~Windows Phone Advent Calendar 2013 17日目~

ひょんなはずみでWindows Phone Advent Calendar 2013に参加することにしました。といっても僕は開発のスキルは全然無いので、今回の題材として「Peopleハブ」について書くことにしました。Windows Phone 7の頃からおなじみの機能であるPeopleハブを見つめて、良い活用法を探ってみました。(WPACに参加されている方々にとっては今更感満々だと思われますが…)

※本記事はIS12T/Windows Phone 7.8を前提に書いています。

1. Peopleハブの仕組み

PeopleHubScreen
↑Peopleハブ画面 続きを読む ›

タグ: ,
カテゴリー: 未分類
プロフィール
名古屋の某御宅大学に通っています。PCを毎日のように弄っています。プログラミングはまだ初心者です。記事1つ1つの内容が何かと「重箱の隅を突く」内容になりがちですが,参考にしていただける方が1人2人いるだけでも幸いです。
Twitter: @Kera1601
2017年11月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。