Peopleハブの分析と活用 ~Windows Phone Advent Calendar 2013 17日目~

ひょんなはずみでWindows Phone Advent Calendar 2013に参加することにしました。といっても僕は開発のスキルは全然無いので、今回の題材として「Peopleハブ」について書くことにしました。Windows Phone 7の頃からおなじみの機能であるPeopleハブを見つめて、良い活用法を探ってみました。(WPACに参加されている方々にとっては今更感満々だと思われますが…)

※本記事はIS12T/Windows Phone 7.8を前提に書いています。

1. Peopleハブの仕組み

PeopleHubScreen
↑Peopleハブ画面

◇「すべて」…電話・メール+SNSの連絡先一覧

Peopleハブの連絡先は、電話番号やメールアドレスを管理する従来のアドレス帳としての機能だけではなく、その人が利用しているFacebookやTwitterなどのSNSも一緒に紐付けて管理できます。これによって、人に連絡を取る時、今までは色々なアプリを使い分けなければいけなかったのが、Peopleハブではその人を選択するだけで、その人に合った連絡手段を自由に選ぶことができます。また、「家族」「友人」など、グループごとに連絡先を分けることも可能です。

◇「新着情報」…あらゆるSNSの書き込みを1つにまとめる

新着情報の画面には、連絡先に登録している人のSNS上の投稿が表示されます。投稿に対するコメント・いいね!・リツイートといった操作もその場で行えます。

◇「最新」…最近連絡を取り合った人を表示

電話・メール・SNSなどで最近連絡を取り合った人が表示されます。

◇プロファイル画面

Profile

個々の連絡先情報では、Outlook.comなどで同期された電話番号・メールアドレスといった情報の他に、FacebookやTwitterの情報も一緒にまとまっています。電話をする、メールをする、Facebookのチャットを使う、Twitterの宛先付きツイートでやりとりする、といったことが全てこの中で行うことができます(TwitterのDMは不可)。また、その人のSNS投稿も見ることができます。

◇Peopleハブで連絡先を管理できるサービスの一覧(OS:WP7.8において)

  • Outlook.com(旧Windows Live)
  • Facebook(1つまで)
  • Twitter(1つまで)
  • LinkedIn(1つまで)
  • Exchange ActiveSync
  • Office 365(多分入るよね…?法人系の事はよく分からない…)

2. Peopleハブの性質を考える

Peopleハブと従来のアドレス帳の概念の違いをざっと図にすると、以下のようになると思います。

従来
People

PeopleハブのSNS統合は、使うと分かりますが普通に便利です。しかし、何でも片っ端から統合してPeopleハブで全てやりくりするのが良いとは限りません。

◇電話番号・メールアドレスとSNSを結びつける意義

Peopleハブは電話番号やメールアドレスとSNSを人ごとに結びつけます。 自分の電話番号やメールアドレスを教える相手とはどのような人でしょうか。大抵の場合は実際に会ったり、現実で仲良くしている友人だと思います。ネット上のみで知り合った人に自分の電話番号やメールアドレスを教える人はあまりいないと思います。 SNSの方ではどうでしょうか。実名登録が基本になっているFacebookは、現実上の知り合いとのやり取りで使われることが多いでしょう。一方匿名が多いTwitterは、現実上の知り合いとのやり取りにも使われますが、多いのはやはりネット上で知り合ったゆるい関係でのやりとりでしょう。

つまり、現実に知り合っている人にのみ教え合う電話番号・メールアドレスと結びつけるSNSとして適しているのは、同じく現実に知り合っている人とのやり取りを用途に使うことが多いFacebookであると考えられます。

◇Peopleハブの情報の捌き方

FacebookがTwitterよりもPeopleハブと相性が良い理由は、Peopleハブの情報の表示のされ方にもあります。

Peopleハブに表示される連絡先は、Outlook.comのアドレス帳、Facebookの友人、Twitterの自分がフォローしている人などが挙げられます。これらは全て連絡先一覧に同様に表示されます。 Outlook.comのアドレス帳には、知り合いの人の電話番号やメールアドレスが登録されます。さらにFacebookの友人が連絡先一覧に表示されることで、Peopleハブを通してFacebook上でその人と連絡をとる事が出来ます。同一人物の場合は電話番号やメールアドレスが登録されたプロファイルとFacebookのプロファイルを紐付けて、Peopleハブのコンセプト通りにすっきりとした管理を実現することが出来るでしょう。

しかしTwitterは事情が違います。Twitterの場合、電話番号やメールアドレスを教え合わないゆるいつながりの人が何千人といることが多いです。もしそれらがPeopleハブの連絡先一覧に表示されたら、一覧がTwitterでのゆるいつながりの人で埋め尽くされて、現実上の知り合いの人が見当たらないという状態に陥ってしまいます。 新着情報の画面も同様です。Facebookの投稿では、友人の近況が一目で確認できるというメリットが生まれますが、Twitterの場合、連絡先と同じく一瞬で画面がTwitterのつぶやきで埋め尽くされてしまいます。 Facebookの投稿は、あくまでも「近況報告」がメインなのに対し、Twitterでは「つぶやき」が短い時間で大量に投稿されます。この性質の違う2種類の投稿がPeopleハブ内で共存するには、表示する人を現実上の知り合いに絞る必要があるでしょう。

3. 結論

では、Peopleハブは要するにどういうものかというと、

従来通りのアドレス帳に、SNS機能が付加価値としてついたもの。

と言えるかと思います。元々から電話番号・メールアドレスを教えあっている知り合いの中でFacebookやTwitterをやっている人が多かったら、かつ、自身もそれらをやっていたら、Peopleハブは最大限に活用できると思います。

Windows Phoneは、僕は「使えば使うほど便利さが体感できる」携帯電話だと思います。アプリが少ないなどの理由で決して万人受けはしないですが、Windows Phoneならではの便利さを知る人が少しでも増えてくれると良いと思います。そしてWindows Phone 8(そろそろ8.1?)の発売を切に願う日々です。

…長ったらしすぎたかな??

(おまけ)
Peopleハブのサブ機能である「Meハブ」を使うと、アプリを起動する必要なしに秒速でツイートが出来ます。これはその時々でさっさと投稿するTwitterにうってつけかと。

SH3E0034

広告
タグ: ,
カテゴリー: 未分類
Peopleハブの分析と活用 ~Windows Phone Advent Calendar 2013 17日目~」への3件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

プロフィール
名古屋の某御宅大学に通っています。PCを毎日のように弄っています。プログラミングはまだ初心者です。記事1つ1つの内容が何かと「重箱の隅を突く」内容になりがちですが,参考にしていただける方が1人2人いるだけでも幸いです。
Twitter: @Kera1601
2013年12月
« 10月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。